女性のウォーキング

ゆっくり長時間出来る運動でダイエットを

ダイエットを行う際に一番い考えるのが食事制限です。

しかし、食事制限だけでは筋肉が落ちてしまうことが多くあります。

筋肉は人間の身体の中で熱を発生させ多くのカロリーを消費するところなのですが、その筋肉がなくなってしまうと消費カロリーが減ってしまってリバウンドしやすくなります。

そこで行いたいのが有酸素運動です。

有酸素運動は筋肉を落とさずに脂肪を燃焼させることが出来るので、ダイエットには最適なスポーツだと言えます。

代表的なものはウォーキングや軽めのジョギング、なわとび、水泳やエアロビクスなどです。

特徴は筋肉にあまり負担がかからないことです。

ゆっくりと長時間運動を行うことで筋肉が多くの酸素を必要としているため、有酸素運動と呼ばれています。

有酸素運動を行って脂肪を落とすには20分以上継続して行うことが重要です。

20分以内の場合には、血液の中の糖分を使用して運動をしているため、身体についた脂肪を使用するところまで行っていません。

身体の脂肪を落としたい時には、継続して20分以上行うようにしましょう。

注意点としては、そのスポーツを行っている間、隣の人と話ができる程度の強度で行うことです。

同じ運動でも、話をできないほど息が上がってしまうような状態では、無酸素運動になってしまって脂肪の燃焼効果があまり期待できません。

それと同時に心拍数にも注意しましょう。

脂肪を燃焼させる効果がある心拍数は (220-自分の年齢)×0.6 の数値が脂肪燃焼効果が出やすい心拍数だと言われています。

エアロビクスについて

「エアロビクス」はダイエットに適したスポーツです。運動には無酸素運動と有酸素運動があります。無酸素運動は、筋力トレーニングなどの息を止めて行う...もっと読む